コンビニを始めとした店舗購入のメリットとデメリット

健康のためにタバコを止めたいけれど禁煙が長続きしないといった人に人気となっているのが電子タバコです。電子タバコの購入方法はいくつかありますが、中でも基本とも言えるのがコンビニを始めとした実店舗です。店舗で購入する大きな魅力の一つに安心感があります。電子タバコはフレーバーによって香りなどが変わってくるので、手に取って自分で確かめた上で判断ができるのが魅力です。ただし、コンビニでは、店舗によっては取り扱っていないケースも多く、販売されていても種類が限られているというデメリットもあります。電子タバコ専門店であれば種類も豊富に取り扱っていますが、店舗数がまだ少ないため住んでいる地域によっては利用できないので注意が必要です。

通販サイトを利用した購入の利点と注意点

電子タバコの購入は、店舗以外にも通販サイトで注文をするという手段もあります。通販サイトを利用した購入のメリットは手軽さです。インターネットに接続できる環境さえ整っていれば、24時間いつでも注文することができます。海外の専門サイトでは、国内で販売されていないリキッドも取り扱っているので、色々と試しながら自分好みの香りを探せるのも魅力です。ただし、通販ならではの手元に届かなければ商品を確認できないというデメリットもあります。専門店のように店員にアドバイスを受けることができないため、未知のリキッドに挑戦してイメージしていたのと違っていたという失敗例も少なくありません。海外からの輸入は、注文から手元に届くまで数週間近く掛かることもあります。

ニコチンリキッドは、日本の電子タバコ専門店や通信販売では販売することが出来ません。しかし、海外の通信販売サイトなどを通して個人輸入で手に入れて使用することが可能です。