通常のタバコと違い煙がほとんど出ない

通常のタバコのように煙が出ないことは電子タバコのメリットです。吸わない人からタバコが嫌がられる大きな要因に煙があります。通常のタバコの煙には有害な物質が含まれていて、周りにいる人の健康を害する恐れがあるのです。有害物質がでることを知っているからこそ、タバコを吸う人の周りには近寄らない人も多いです。

電子タバコでは煙は水蒸気ですので、すぐに消えてしまいます。水蒸気が周囲に広がっていくことは基本的にはありません。例えば、お湯を沸かしたときに湯気が出ます。湯気はすぐに消えてしまいます。原理としては電子タバコの煙も同じものです。すぐに消えてしまうものですから、気にかける人は少ないです。通常のタバコのように周囲を煙が漂うということはないでしょう。

嫌な匂いが周囲に拡散しにくい

通常のタバコが出す匂いが嫌いという人も多いです。電子タバコではそのような匂いが周囲に広がることはほとんどありません。煙が広がることで匂いも広がると考えられますが、煙がすぐ消えることも理由でしょう。また、電子タバコでは風味が選べます。フルーツ風味のリキッドを選べばフルーツの甘い匂いがふわっと漂いますが、すぐに消えます。電子タバコは匂いが周りに移ることはほとんどありません。

通常のタバコを吸っているとスーツに匂いが移るということはよくあります。匂いはタバコを吸っていたことがばれる理由の一つです。しかし、電子タバコであれば服に匂いが移るという可能性は少ないです。煙は一瞬で消えるイメージです。その一瞬で匂いが移るくらい強烈であれば移ることはあるかもしれませんが、ほとんどの場合は移ることがないです。

初心者でも気軽に使用出来るvapeのおすすめタイプといえば、煩わしい準備が必要ない使い捨てタイプのものです。