日本製のvapeのリキッドにはニコチンが入っていない

海外製のリキッドだとニコチンを含むものが売られています。しかし、日本では法律でニコチンを含むリキッドを売ることが禁じられています。そのため、日本製でニコチンを含んでいるという場合は、偽物か法令違反の商品です。日本ではニコチンが薬品に指定されているため、素人が取引できないので販売されていません。ただ、海外から輸入することは可能ですので、ニコチン入りのリキッドがほしい人は個人輸入をすることで手に入れることはできます。国内での取引ができないと点を知っていないと、知らないうちに違法行為をしてしまう可能性があるので注意しましょう。

海外製と日本製には信頼度に大きな違いがある

海外製品は信用できる販売ルートから買う必要があります。vapeは様々なメーカーの偽物が出回っているため、公式サイトから買わないと偽物をつかまされることもあるからです。そういう意味では信頼度が日本製とは大きく違うでしょう。日本製のvapeを買ったとして、偽物が送られてくるというのはあまり聞きません。国内では偽物がしっかりと排除されているため、出回ることはほとんどありません。

リキッドの種類にも差がある

日本製のリキッドは日本人好みのリキッドになっています。リキッドの種類には海外製品との差があるでしょう。海外製のリキッドはその国の人の好みに合わせて作れているため、日本人の好みに合うとは限りません。海外で人気になっているリキッドとしてイチゴバニラ味などがあります。それぞれの国に好みの味があるため、リキッドには差があるのです。

vapeのアメリカ製品は、高品質で知られています。安全性が高いことから、世界中のユーザーから親しまれています。